分不相応な結婚願望を持つ友人はいい加減に目を覚ましてほしい

テレビなどで婚活をしている女性の話をよく見ますが、相手に対して高条件を課している人が結婚できない、出会いがないと嘆いているのを見ると、もっと現実を見ればいいのにと突っ込まざるを得ません。

実は友人のもこのタイプがいるのですが、庶民が白馬の王子様を待ち続けている様子で、いい加減に身近にいる男性を恋愛対象にすればいいのにと冷めた目で見てしまいます。

自分は平均よりもちょっと低いくらいの収入でこれといった特出した部分もなく、美人でも性格がいいわけでもないのに、婚活パーティなどに顔を出しては条件に合う人がいない、自分は結婚できないんだと愚痴ばかりいうのです。

その条件というのがまた年収1,000万円前後でさらに長男ではなく、家事が得意な子供好きな人といった面白いほど典型的なもので笑ってしまいます。

本人曰く、外見は妥協するらしいのですが、そんな高物件は婚活パーティーに来る前に自分で結婚相手を見つけるでしょう。

スポーツジム 出会いなど自然な出会いでも、偶然そんな条件を満たす男性と相思相愛になることなんて…考えにくいですよね。

もうしばらくこの友人は結婚できないんだろうなと見守っています。